リフォーム費用は想像以上!抑えるコツと費用の準備の仕方について

リフォーム費用は想像以上!抑えるコツと費用の準備の仕方について

リフォーム費用はどの程度のリフォームをするのかによって変わってくるものです。また、リフォーム時に引っ越しが必要な場合もあり、トランクルームの費用や仮住まいの諸費用が発生することもあります。想像以上に費用が発生するため、リフォームそのものの費用を抑えるコツも気になるところでしょう。

今回は、リフォーム費用について、詳しくご紹介していきましょう。

リフォームは大きく分けて2種類

リフォームといっても、建物自体の修繕と室内の部分的な修繕に分かれます。それぞれのリフォームについて紹介しましょう。

建物自体のリフォーム

建物自体のリフォームは大掛かりなリフォームとなります。建て替えをするよりもリーズナブルな費用で済みます。外装の印象を変えることもできるので、まるで建て替えたかのような印象を与えるのが、建物自体のリフォームです。耐震補強工事のみを行うこともできます。

部分的なリフォーム

部分的なリフォームというのは、トイレのみ、キッチンのみといったように必要な箇所だけを選んでリフォームすることです。和室を洋室にするようなリフォームや間取りの変更などが行われることもあります。

リフォーム費用以外にかかる料金とは

リフォーム時は見えないところにも費用が掛かります。リフォームの費用ばかりに目がいくと、それ以外の費用を忘れてしまうこともあります。荷物を預ける費用、一時的な仮住まいの費用などが必要です。

荷物を預ける費用

荷物を一時的に預ける場合はトランクルームを借りる方法があります。トランクルームに入るだけ荷物を入れることができるので、無駄にならないような広さを選ぶようにしましょう。

また、引っ越し業者の中には、このような住み替えに対応したプランもあります。荷物の保管がセットになったものであり、引っ越し2回と荷物の保管がセットになっています。

一時的に借りる借家の費用

大規模なリフォーム時は一時的に借り住まいに転居しなければなりません。どこかお世話になれるようなお宅があればいいのですが、多くの方はそうはいかないでしょう。

一次的に引っ越しをする場合は、初期費用ができるだけ掛からないような物件を選ぶようにしましょう。なかには1年以内の転居は初期費用をすべて没収というような特約がある場合もあるので、不利にならないような物件を探すようにしてください。

リフォーム費用を抑えるコツ

リフォーム費用をできるだけ抑えたいときのコツはあるのでしょうか。見積もりを見て仕方ないと諦める前にできることを実践していきましょう。

出せる費用分だけのリフォームを行う

リフォーム費用をあらかじめ決めておくのも一つの方法としてあるでしょう。この場合、リフォームだけの費用にするのか、それに伴って発生する引っ越し代などの経費も含めるのかはそれぞれの判断になります。

出せる費用から見積もりが出てしまったら、担当者と話し合いをして今回はリフォームを見送る箇所を決める、リフォーム計画そのものを変更してはいかがでしょうか。

設備や材料の変更

担当者に、リフォームで使用する設備や材料を同じレベルで低価格のものはないか聞いてみる方法もあります。必要とする性能を満たしていれば問題ないと気持ちを切り替えることも必要です。

リフォーム減税の利用

リフォームをする際には、確定申告で所得税の控除を受けることができます。リフォーム減税には、投資型減税・ローン型減税・住宅ローン減税の3種類があります。工事内容によって、適用対象が異なります。詳しいことは担当者に聞いてみましょう。

リフォーム補助金の利用

リフォームの内容によっては補助金を利用できる場合もあります。国や自治体が行っているものであり、それぞれの補助金に決められている条件を満たすことが必要です。こちらも詳しいことは担当者に聞いた方が確実な回答がもらえるでしょう。

リフォーム費用はどのように準備する?

リフォーム費用はどのように準備したらいいのでしょうか。現金が準備できればそれが一番ですが、費用が高額になる場合もあるので難しい場合もあります。

リフォームローンや住宅ローン

リフォームに必要な経費はローンを組んで借りることもできます。リフォームローンは住宅の増改築や修繕といったリフォームに特化したローンのことで、借入額の上限がそこまで高くないこともあり、比較的審査にも通りやすいです。

住宅ローンを返済しながらでも、リフォーム費用を住宅ローンで借りることもできます。

子どもさんと協力して支払う

子どもに家を相続するつもり、子どももそれを了承している場合は子どもさんと協力して支払う方法もあります。既に社会人であれば、少しくらい費用を負担してもらうのも可能ではないでしょうか。

リフォーム費用を贈与してもらった場合

リフォーム費用を第三者に贈与してもらった場合、110万円までは非課税ですが、年間110万円を超えた場合は確定申告をして、贈与税の申告と納税が必要です。

これは、所有する建物は本来自分でリフォーム費用を負担しなければならない考えに基づいています。とはいえ、大規模なリフォームの場合は1,000万円以上掛かることもあるので、贈与を受ける人も一定数います。

贈与税を節約する方法として、事前に建物の名義を贈与する人に変えておけば、当然贈与税は発生しません。

まとめ

リフォームは経年劣化や生活のしやすさを追求するために必要不可欠なものです。しかし、規模によっては大きな費用が発生するのも事実でしょう。リフォーム費用に困った場合は、京都府舞鶴市にある「有限会社なおこう」にお気軽にお問い合わせください。お客様の思いに親身になって考えさせていただきます。まずは、お電話にてお問い合わせください。