ビルトインガレージのメリットとは?ビルトインガレージの注意点について解説します

ビルトインガレージとは、建物の1階部分もしくは地下に車庫があるガレージのことです。海外ではよく見かけるビルトインガレージですが、ここではメリットと注意点について解説します。

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージの多くは建物と物理的に接面していることが多く、メリットもそれに付随している点が多いです。代表的なメリットとして、次の3つがあります。

・全ての天候から愛車を守る
・ガレージから家への動線がスムーズ
・趣味を楽しむ

ビルトインガレージは全方位を建造物で囲むことになるため、耐久性が高くどのような天候においても車を守ってくれます。雨や風は勿論、豪雪地区での雪による被害にも対応できます。その他にも、太陽の紫外線による車体の色褪せや、黄砂、PM2.5などからも愛車を守ることができます。

また、ガレージの一部をドアにすることで、外に一度も出ずに家屋内へ入ることができます。そのため天候が悪い状態であっても傘を持たずにすみ、生活動線が非常にスムーズです。また、締め切ったガレージから直接家に入ることができるため、セキュリティ面も非常に強いといえます。

ビルトインガレージはある意味閉鎖的な空間になっており、人の目につかないというメリットがあります。そのため、車をいじったり音楽をかけながらくつろいだりする空間としてはうってつけです。庭などの広々スペースを確保しづらい都会でも、ビルトインガレージがあれば周りを気にせずに趣味に没頭できるかもしれません。

ビルトインガレージの注意点

ビルトインガレージはデザイン性も高く生活動線も良いという特徴がありますが、次のポイントに注意して設計するようにしましょう。

1つ目のポイントは、家に入るドアは引き戸にすることです。
ガレージと家の間にあるドアを開き戸にした場合、車にドアがあたる可能性があります。そのため、引き戸にすることをおすすめします。

2つ目は、ガレージと家の段差をなくすことです。
一般的にガレージの方が低くなることが多いのがビルトインガレージですが、なるべく段差がないように設計しましょう。小さなことですが、何十年も住むさいのストレス軽減になります。

3つ目は、ガレージ上の部屋は騒音に注意しましょう。
車で帰宅した際には、閉鎖した空間でエンジン音が響く事になります。そのため、遮音性が低い家の場合は音漏れする可能性があります。

まとめ

ビルトインガレージがある家に住むことは一種のステータスでもあるため、検討する人は多いですが、メリットが多い分注意点もあります。そのため、この記事で記載した内容をしっかり検討し、導入するようにしましょう。